その他

せどり入門編

2016/08/26

せどりとは

ブックオフなどのリサイクルショップなどで中古の商品(書籍、CD、DVD、ゲーム、家電など)を安く仕入れて、ヤフオクやAmazonなどで高く売って利益を得るビジネスのことです。

ツールを使えば、何の知識もない初心者でも簡単に相場を調べることができるため、しっかりとしたツールとちょっとした知識(売れやすい商品が置かれる場所やどんなジャンルが流行りかなど)があれば安定して稼ぐことができます。

私も一時期せどりに挑戦していた時期があるのですが、一番近くて周辺で一番大きなブックオフがせどり禁止の店だったせいもあり、長続きしませんでした(田舎なので一軒一軒が遠い)。

それでも、立地条件の良さとツールとやる気さえあれば間違いなく稼げるようにはなるので、ネットビジネス初心者向けのビジネスであると言えます。

 

 

せどりのメリット

 

リスクがほとんどない

ツールを使いバーコードリーダーで読み込んだり、番号を打ち込めばその商品の相場がすぐにわかるので、赤字になることはまず有り得ません。

確実に利益になる商品だけを見つけて持って帰り、Amazonなどで売りましょう。

 

口座への振込が早い

アフィリエイトだと商品が売れて報酬が発生しても、口座に振込まれるまで1ヶ月くらいかかることも珍しくありません。

しかし、せどりの場合であれば、ヤフオクならば売れた直後に振り込まれ、Amazonでも一週間前後で振り込まれます。

 

シンプルに早く稼げる

アフィリエイトと比べると専門知識がほとんど必要ないので、仕入れと発送のコツさえ覚えれば誰でもできます。

とにかく早めに稼ぎたいのであれば、アフィリエイトよりもせどりの方が良いかもしれません。

 

都合のいい時間に作業すればいい

仕入先のお店が空いているならば、好きな時間に仕入れに行けるので、買い物のついでや仕事の帰りや仕事の合間の休憩時間なんかに仕入れに行くこともできます。

商品の発送も2、3日に1回まとめてすればいいですし、最近ではコンビニでもできます。

慣れてくれば時給3000円から5000円くらいは稼げるようになるので、副業としても優秀ですよ。

 

 

せどりのデメリット

 

1人で稼げる金額には限界がある

効率的に稼げるとはいえ肉体労働であることには変わりがないので、時間的限界と肉体的限界に制限されてしまいます。

慣れてくれば、仕入れや梱包のスピードは間違いなく上がっていくでしょうが、それにも限界が来るでしょう。

副業では20万円、専業でも30~50万円くらいが限界だと言われています。

中には100万円以上稼いでいる人もいますが、大抵人を雇っていることが多いです。

1人で大きく稼ぐには向いていないと言えるでしょう。

 

自動化ができない

仕入れをやめれば収入が落ちていくので、アフィリエイトのように自動で稼ぎ続けることはできません。

仕入れと発送をし続ける必要があります。

 

場所が必要

せどりは商品を保管しておく必要があるので、場所が必要になります。

仕入れる商品にもよりますが、最低でも本棚一つくらいのスペースは必要になるでしょう。

場合によっては家族の迷惑になるので、気をつけたほうがいいです。

保管場所に苦労しそうな人は、少々お金がかかりますがAmazonのFBAという商品の保管と発送を代行してくれるサービスを利用することをおすすめします。

商品の重さや大きさ、保管日数などで料金が変わりますが、面倒な梱包や発送を低価格で引き受けてもらえるのはかなり有り難いです。

気になる人は調べてみてください。

 

いつまで稼げるかが不明

せどりは仕入先に依存するビジネスです。

いつも利用しているお店が潰れたり、せどりを禁止したりすればいきなり稼げなくなる可能性があります。

初心者でも簡単に稼げるようになるので、ライバルも増え続けています。

5年、10年先も安定して稼げるビジネスとは言えません。

収入をせどりに依存せず、ある程度稼いだら他のネットビジネスに切り替えるか、新たな収入源を構築しましょう。

 

 

誰でもせどりができるわけではない

 

仕入先が必要

せどりには仕入先の店舗が必要です。

せどりが禁止されていないブックオフなどの店舗が、自宅から通える範囲で3店舗以上ない場合はやめておいたほうがいいでしょう。

逆に近所に3店舗以上の仕入先がある人は、せどりを始めるのに向いている環境であると言えます。

 

スマートフォン(携帯電話)が必要

商品の相場を調べるためのせどりのツールを使用するためには、スマートフォンが必要です。

せどりをするなら、ネットにつながるスマートフォンを用意しておきましょう。

 

 

せどりにかかる費用

 

仕入れ代

仕入れる商品にもよりますが、古本せどりであれば最初は1万円か2万円くらいあれば大丈夫です。

 

梱包するための資材

封筒やテープなどは100円ショップでそろえましょう。

1000円~2000円もあれば十分です。

 

検索ツール代

無料で使えるツールも存在しますが、性能が悪かったり、調べられる数が少なかったりするのであまりおすすめはしません。

できれば有料のものを使用しましょう。

月額3000円~1万円くらいです。

少し高いと感じるかもしれませんが、有料のものは検索スピードも可能な検索数も無料のものと比べると段違いなので、結果的に利益を伸ばすことができるでしょう。

 

スマートフォン(携帯電話)のインターネットの接続料金

相場を調べるために使用するので、使用頻度が高くなります。

月額5000円くらいはかかるでしょう。

 

配達料金

これも商品によって全く違いますが、本であれば大体200~500円くらいですね。

配達先によっても変わります。

 

 

 

せどりに必要なもの

銀行口座

売り上げを振り込むために必要です。

現在使用しているものでも構いませんが、ネットビジネスを始めるなら、楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット銀行の口座を持っていると便利です。

 

クレジットカード

Amazonマーケットプレイスを利用するためにはクレジットカードが必要です。

販売先としてAmazonマーケットプレイスは絶対に必要なので、クレジットカードを持っていない人はこの機会に契約しましょう。

デビットカードも使用できます。

 

スマートフォン(携帯電話)

相場を調べるために必要です。

 

梱包するための資材

封筒、防水用のビニール袋、テープ、カッター、ぷちぷち、シール剥がしなど。

100円ショップかホームセンターに行けば全てそろえられます。

ある程度儲かるようになったら、出品代行業者を利用するといいでしょう。

 

 

絶対に必要ではないけどあったほうがいいもの

 

バーコードリーダー

アプリではなく、スーパーのレジや郵便配達などで使われているもののことです。

「KDC200」もしくは、「MS910」という機種がおすすめです。

バーコードリーダーがあるかないかで作業効率が何倍も違うので、本気で稼ぐなら早めに買いましょう。

 

買い物カゴ(買い物袋)

ブックオフなどの店舗では基本的に買い物カゴがないので、本やCDやゲームソフトでせどりをするなら買い物カゴはあった方がいいです。

せどりの仕入れでは商品を10や20購入するのが当たり前ですから、大きめの買い物カゴが一つあるだけで効率が違います。

 

 

 

おすすめの有料教材兼ツール

せどりは独学で勉強して実践することもできますが、教材を買ったほうが絶対に早く稼げるようになります。

ブックオフせどりをするなら
「せどり風神」がおすすめです。

せどりで月に4583万円稼いだ方のノウハウとツールです。

本気で始めるなら必ず導入しましょう。

 

 


 

アフィリエイトとは

情報商材とは何か

初心者におすすめのネットビジネス

ブログ・メルマガアフィリエイト入門編

せどり入門編

ネットビジネスで稼ぐための考え方

 


 

 

 

Pocket

メールマガジンでお得情報配信中

僕が不定期に配信しているメルマガ「元ニートが教える今より上の人生の目指し方」にて、初心者でも月収10万円以上稼げる情報を公開中です。
     ↓↓
メルマガ登録はこちらから

副業を始めてみたい方や、今の稼ぎでは将来不安なあなたにもおすすめです。

ブログでは公開していないお得情報やプレゼントもあるので、
興味のある方は登録してみてください。

-その他